手作りとシンプル生活

手芸店で働きながら手作り生活を楽しんでいます

「初心者」ミシンの返し縫いで裏がぐちゃぐちゃにならないようにする方法(実験しました)

スポンサーリンク

こんにちは pokkeです。

お客様からのこんな一言

 

ミシンの縫い始めの返し縫い裏側がぐちゃぐちゃになっちゃうんです。

 

返し縫いとは縫い始めや縫い終わりの糸がほつれないようにする縫い方です。

同じところを前進、後退、前進するように縫いますよ~

 

 

うんうん、裏側がぐちゃぐちゃになること、ありますよね~

普段はそんなに気になりませんが、巾着袋の入れ口のところなどは気になりますよね~

f:id:tukurukun:20190829181907p:plain

どんな時にぐちゃぐちゃになるのか、調べてみる


うんうん、ぐちゃぐちゃの時がありますね。

では左からどんな条件で縫ったか解説しますね。

 


一番左側を縫った時の条件は

針は上げたまま、上糸と下糸はテキトーに横に出して縫い始めました。

裏側はぐちゃぐちゃですね~

左から2番目の条件は

針は下までおろして、上糸と下糸はテキトーに横に出して縫いました。

裏側はやっぱりぐちゃぐちゃです。


左から3番目の条件は

針は上にあげたまま、上糸と下糸はきちんと後ろに出して押えで踏んでいます。

裏側はきれいになりました。


左から4番目の条件は

針は下までおろして、上糸と下糸はきちんと後ろに出して押えで踏んでいます。

裏側はきれいです。


左から5番目の条件は

針は上に上げたまま、上糸と下糸はきちんと後ろに出して押えで踏んで、左手で少しひっぱっています。

裏側はきれいですね

左から6番目の条件は

針は下までおろして、上糸と下糸はきちんと後ろに出して押えで踏んで、左手で少しひっぱっています。

裏側はきれいですね。

 

どうでしょう?上糸と下糸をきちんと後ろ側に出すことを意識すると返し縫のぐちゃぐちゃは解消され、きれいに縫えるようです。

 

実は縫い始めは針をきちんと下までおろしてから縫い始めるのがミシン縫いの基本です

 

なので私はずっとそれが習慣になっていましたが、今回の実験で私の新しいパートナーは針が上がった状態でも割ときれいに縫えてしまいました(^_^;)

返し縫いの裏側がぐちゃぐちゃで困っている人はこれを試して!

私が予想したのとはちょっと違った結果になりましたが、もしぐちゃぐちゃになって困っている人は次の方法を試してみてください。

  • 針を一番下までおろす(手でプーリーをまわして下します)
  • 押えを下げる
  • 上糸と下糸は後ろ側にきちんとだして押えで踏む(糸がたるまないようにしてね)
  • 左手で上糸と下糸がたるまないように少しひっぱる
  • ゆっくりと返し縫をしてみましょう

どうですか?うまくいきましたか?(^_-)-☆

 

ちなみに最初の画像の右側3本は自動糸切を使った時の実験です(自動糸切だと下糸は出ていません)

右端は針を上げたまま上糸を後ろに踏んでいます。裏側はきれいです。

右から2番目は針をおろして上糸を後ろに踏んでいます。裏側はきれいです。

右から3番目は針をあげたまま上糸をテキトーに右側に出しています。裏側はぐちゃぐちゃです。

 

POINT

★上糸、下糸を後ろ側にたるまないように出して、押えできちんと踏むのがコツですね!

 

気にしない!気にしない!っていうポジティブ思考の方は自分の好きな方法で返し縫をしちゃうのもいいと思います。私は手作りは楽しくするのが一番だと思っているので♪

でも、ぐちゃぐちゃが気になり始めたら基本を思い出してくださいね~(^_-)-☆

自動糸切機能について

 

これは自動糸切で糸を切った時の裏側です

5mmくらいは糸が残ってしまっています。

自動糸切りがどんな感じになっているか興味がある方は参考にしてくださいね。

これだったらもう一度自分で糸を切らなくちゃいけないからあんまり意味がないという方もいるでしょう。でも、使うと便利なんですよ~

後から糸をきちんと切ることをするとしても作業効率が上がります!私はもうこの機能を手放せません。

おまけ

自動糸切の話で、糸始末をヒートカット(ライターなどで化繊を溶かしてしまいます)でしているという方がいるようなので、試してみました

なんか怖いドキドキする~!

きゃーー、火が付いた!怖いです。私には無理だと分かりました(T_T)

 左2つはライターでヒートカットしました。

クルッとまるまっていますね。私も持ち手の始末や内まきテープの処理でヒートカットする時はありますが、糸端をヒートカットはこれからもしないと思います。

 

お読みいただきありがとうございました