手作りとシンプル生活

手芸店で働きながら手作り生活を楽しんでいます

洋裁をもっと簡単にシンプルにしたいから便利な道具を使っている

スポンサーリンク

こんにちはpokkeです。

今日はサンプルのガウチョパンツを作りました。

出来上がりはこんな感じ♪ タックとギャザーが入ったガウチョパンツです。

COTTON&STEELのレーヨン素材の生地はとてもしなやかでドレープがきれいに出ています。


ちょっとコラージュで遊んでみました♪

 パターンには縫い代を書き足すと時短になる

こちらのパターンを使用するという指示です。

 

このパターンは縫い代がついていないパターンなので、自分で縫い代分は書き足してからパターンをカットしました。

自分でパターンを作る時は必ず縫い代込みのパターンにしています。

縫い代なしのパターンをその通りにカットして、布地に縫い代分を書いていく方法でももちろん大丈夫ですが、私は印つけを最小限にして簡単につくりたいので、パターンに縫い代を書きこんでしまいます。


パターンが用意出来たら、生地を準備します。

POINT

レーヨンは高温と水に弱いので中温のドライアイロンをかけよう。

テカリが出ないように当て布をしよう。

 

 

 アイロンは新しく用意した作業台でかけてみました。すごくいい感じ♪

 

www.blog-pokke.xyz

 

裁断はロータリーカッターがお勧め 

生地の準備が出来たら裁断です。

生地の縦横、上下の向きに注意して裁断しましょう。

この生地はこの向きが正しい向きです。布目線(上下矢印の線です)を布の耳と並行になるようにパターンを置きます。

生地の 縦横の詳しい話はこちら ↓

www.blog-pokke.xyz

 

 私はロータリーカッター派です。レーヨンのように裁断の時にずれやすい生地もロータリーカッターならずれることなく裁断出来ますよ。


カーブでもずれることなくきれいに切れます!もちろん上級者の方はハサミでもずれることなく切ることが出来ると思いますが、初心者さんはこちらのカッターの方がストレスなく切れると思います。
まだ使った事の無い方は一度使ってみてくださいね~

マチ針も打ちません。生地が動かないように文鎮を何個かおいているだけです。

洋裁用の文鎮も売っていますが、私は家にある重い物をポンポンと置いています(大雑把です)


合印は先のよく切れるハサミで3mmくらい切り込んでいます。

これで裁断と印つけも終わったので、半分くらい完成ですよ~(^o^)丿

あとは縫っていくだけです!

本当は今回はシームポケット(脇の縫い目を利用したポケット)の作り方を説明しようと思っていたのですが、この型紙の説明書で指示されているポケットの作り方が私がいつも作っている作り方と違っていて、めんどくさかったのでポケットはまた他のサンプルで説明したいと思います(実は途中間違って、縫い直しました(>_<)

洋裁にはこれが正解で、これじゃなきゃだめ!ってことはないので私はなるべく簡単な方法を選ぶようにしていますが、この作品はサンプルなので説明書通りに作りました。

 

便利な道具で洋裁をもっと簡単に

印つけはしていないので、マグネット定規を使って縫っていきます。

ミシンの縫いガイド線を利用してもいいですが、これを使うと縫い代端から簡単に同じ幅でミシンをかけることが出来ます。

下のピンクの仮止めクリップはマチ針の代わりに使用します。特にマチ針が打てないラミネート生地や固い帆布などに使えるので便利です。小さなお子様がいる家庭では針を落としたら大変なので、このクリップを使用すると安心です

 



広幅のゴムを通す時はこの広幅ゴム通しが便利です。

今までゴムを通す時に途中で外れてしまって、きゃーー!って何度もなったので幅広用のゴム通しも購入しました。これなら途中で外れることもなくてストレスフリーです

お店に来るお客様の中には「いつもヘアピンでやっていたけど、これでやったら楽だった~」というお客様がいらっしゃいました。太いゴムをヘアピンで通せていたなんてむちゃくちゃ器用です!(^o^)丿すごい!

 

便利なミシンの押えやアタッチメントの話はこちら

 

www.blog-pokke.xyz

 

便利な道具をご紹介しました。 なるべく楽しく簡単に洋裁が楽しめるといいですね。


ハンドメイド初心者ランキング

お読みいただきありがとうございました。