手作りとシンプル生活

手芸店で働きながら手作り生活を楽しんでいます

ソーイング.ビーより過酷?初心者が3時間でワンピース作りにチャレンジ!

スポンサーリンク

こんにちはpokkeです。

先日友人の娘さんに頼まれてワンピースの作り方をお教えしました。

赤ちゃんのワンピースを作りたいという事だったのですが、時間は3時間!しかありません。

まったくの初心者さんなので、イギリスのソーイングコンテスト番組ソーイング.ビーより過酷かもしれません。

大急ぎでワンピースづくりにチャレンジです!

今回は写真を撮る時間もなかったので、作り方を紹介するのではなく、初心者が初めてワンピースを作る時に何が難しいのかを考えていこうと思います。

 

f:id:tukurukun:20191021204835j:plain

3時間で出来上がったのはこちらのベビーワンピース

コーデュロイの花柄の生地で、胸元には別布で作ったフリルがついています。

f:id:tukurukun:20191021205228j:image

 

初めてのワンピース作りで難しかった事

型紙のカーブがきれいに写せない(縫い代をつけるのも大変)

裁断する時に布の向きが分からない

衿ぐりがバイアステープ始末の仕様だったが、パイピング用のバイアステープを間違って購入してしまった

初めてのフットコントローラーに四苦八苦

縫いはじめの返し縫いがぐちゃぐちゃになる

クリップで止めているのに裏側がずれてしまう

カーブのミシンかけが難しい

初めてのロックミシンが難しい

共布で作る布ループが作れない

袖付けする時にあちこち縫いこんでしまう

袖口がすごく細いので縫いにくい

 

初心者が3時間でワンピースを作るためにはどうすればいい?

作り方付きのパターンを購入する

今回作ったワンピースは本に載っているものから選びましたが、型紙を写す時に線がかなり重なっていたので、写しにくく写すだけでも時間がかかりました。

もし一人で作るなら最初は本から選ぶのではなく、作り方付きのパターンを購入する方がいいと思います。

 

下のパターンは以前お店用のサンプルを作った時に使ったパターンです。

ソーイングパターンはそのまま型紙を切り取ればいいので写す必要がありませんし、本に比べると縫い方の説明がかなり詳しく書いてあるので、初心者さんは本から選ぶよりはパターンを購入する方が作りやすいと思います。 

 

子供用のワンピースのパターンも色々あるので基本的なものからチャレンジしましょう。

縫いやすい生地を選ぼう

初心者さんが作る時にうまくいくかどうかの一番のポイントは生地選びです。

今回娘さんが選んできたのは細うねのコーデュロイでした。

コーデュロイは布に方向性があるので裁断する時に注意が必要です。

 

布の向きについてはこちらの記事で書いています
www.blog-pokke.xyz

 

 たとえばほつれやすいガーゼの生地や伸びやすいニットの生地なども初心者さんが初めてワンピースを作る時には難しいかもしれませんね。

 

www.blog-pokke.xyz

 

初心者さんが初めてワンピースを作るならブロードや、シーチング、オックス、ダンガリーなどが扱いやすくてお勧めです。

これらの生地は薄すぎず、厚すぎず、伸びない生地なので多少デザインが難しくてもきれいに仕上げる事が出来ます。

まずは縫いやすい生地で基本の一枚を仕上げて、それから難しい生地や、難しいデザインにチャレンジするといいですね。

まとめ

今回は時間が3時間しかなかったので、大急ぎで仕上げる事になり、娘さんには細かいコツを詳しく教えてあげる事が出来ませんでした。

ワンピースはうまく縫えないところもたくさんあり、私が縫い直してあげたいところもありましたが、そこはグッと我慢して本人に縫ってもらいました。

 

一枚の生地がワンピースの形になって、子供に着せた時の満足そうな笑顔♪

 

完璧でなくても手作りの楽しさを感じてくれた3時間になったのだと私も嬉しくなりました。

ワンピースを教えることで初心者さんがどこで困るかがよく分かったので、初心者さん向けのアドバイスを少しずつブログで書いていこうと思います。

 

お読みいただきありがとうございました。